Pマークのコンサルティングには費用が必要です - Pマーク取得するにどういった費用がかかるのでしょう

Pマーク取得するにどういった費用がかかるのでしょう

  • Pマークのコンサルティングには費用が必要です

    • Pマークを取得するためには、コンサルティング会社に依頼すると非常に楽に審査に通過するでしょう。
      しかし、コンサルティング会社へ依頼すると費用が気になるでしょう。

      朝日新聞デジタルについて興味がある方にオススメのサイトです。

      コンサルティング会社によって費用が異なりますが、アーチ株式会社では全国に対応しているだけではなくて、各企業の事情に合わせて3つのコースがあり、松竹梅のコースが用意されています。
      一番安い費用でサポートを受けることができるコースが梅コースです。

      Pマークを取得するためには社員教育をしっかりと実施する必要がありますが、一番安い梅コースの場合には社員教育を行っていないために各企業で社員教育を行う必要があります。



      松コースと竹コースの場合にはコンサルティング会社が社員教育をするために企業にかかる負担を減らすことができ、しっかりとした社員教育をすることが可能です。

      あなたに合ったPマーク取得に関する情報に追加しています。

      Pマークの取得をするための訪問制度を実施していますが、松コースと竹コースなら無制限に訪問制度を利用できますが、梅コースの場合には5回しか訪問制度を利用することができません。

      少しでも審査に不安があるなら松コースか竹コースを利用する方が良いでしょう。しかし、梅コースでも社内の見回りを行っているので、的確なアドバイスをもらうことができるために、良い方向へ改善することが可能です。

      Pマークの取得には必ず審査があるために、100パーセント審査に通るとは限らないために、万が一、Pマークを取得できなかった場合にはコースに関係なく費用を全額返金してもらえます。

  • 関連リンク