Pマーク取得するにどういった費用がかかるのでしょう

  • Pマーク取得ではコンサルティング会社に支援を求む

    • Pマークすなわちプライバシーマークは、JIS Q 15001:2006を基準に仕組みが公正されており、個人情報を適切に取り扱っている企業に与えられる安心のマークです。
      しかしながら、国際基準化はされていません。

      Pマーク取得の人気が上昇しています。

      というのも、各国の事情や法律などが違うため標準化は無理なようです。かといって日本独自の制度かというとそうでもなく、隣国の韓国と大連にも制度は存在しています。

      このPマークを取得すると、個人情報を適切に管理していることを認められたことになりますので、個人顧客には安心してサービスを利用していただけたり、取引先からの発注要件に「Pマーク取得」が入っている場合、取引拡大の可能性が高まるというように、効果がとてつもなく大きいのです。

      鋭い観点からガジェット通信を「よくわからない」と思っているあなたも、詳しい情報を見れば考え方が変わります。

      ですので、Pマーク取得を考える企業が後を絶たないのですが、取得までにはとにかく時間がかかります。取得までの工程の中でどの部分が一番大変で時間がかかるかと言いますと、文書作成の工程です。
      この工程は一番重要な部分でもあり、長ければ1年以上作成にかかってしまう場合もあります。
      そのため最近では、コンサルティング会社に依頼する方法をとるのが一般的になってきました。
      しかし、全てを任せてしまうと莫大は費用がかかります。


      そうかといって自分達だけで支援なく始めるとなると、費用は抑えられますが、その分時間がかかってしまうでしょう。



      予算に応じたコンサルを行うコンサルティング会社が増えてきていますので、いろんなコンサルティング会社と話をすることで、Pマーク取得が少しでも早くできるよう、一番自分達に合ったコンサルを行なってもらえる会社を見つけましょう。


  • 関連リンク